ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 

チベットの環境問題

チベット高原の軍備拡張

1986年まで、中国共産党の支配地域は11の軍区に分けられており、チベットはそのうち3軍区の管轄下にあった。1986年になって軍区が7つに整理されると、チベットを管轄するのは2軍区となった。成都に本部を置く成都軍区(西南軍区)と、蘭州に本部を置く蘭州軍区である。

現在成都軍区に属するのは、「チベット自治区」「甘孜(カンゼ)チベット族自治州」「アパチベット族自治州」「迪慶(デチェン)チベット族自治州」「木里(ミリ)チベット族自治県」であり、蘭州軍区に属するのは青海省、「甘南(カンロ)チベット族自治州」「天祝(パリ)チベット族自治県」である。

チベット全域に展開する解放軍の総数は、現在控えめにみて50万前後だと考えられている。「チベット自治区」の駐留軍が40,394人だとする中国の公式数字は、なにかの間違いにちがいない。私たちの情報によれば、「チベット自治区」に駐留する兵力は25万前後にも及ぶ。これは、1963年に設立された市民兵を含まない数字である。

「チベット自治区」はさらに6つの軍分区に分かれ、以下のような兵力をもつ。

独立歩兵師団2個、国境守備連隊6個、独立国境守備大隊5個、砲兵連隊3個、工兵連隊3個、通信基地1基、通信連隊2個、輸送連隊3個、独立輸送大隊3個、空軍基地4カ所、レーダー連隊2個、準軍事部隊(「地方部隊」という)が師団2個と連隊1個、武装警官が独立師団1個と独立連隊6個

そのほか、「第2砲兵」として知られる軍隊が12個駐留する。また、これまで多くの空軍基地が建設されているが、現在でも使用されているのはそのうちのわずか4カ所である。なお、武装警察というのは最近新たに設けられた組織であり、解放軍の常備軍である。

「チベット自治区」にある解放軍の前線基地は、ルトク、ギャムク、ドンパ、サガ、ダンソ(別名=ティンリー)、ガンパラ、ドモ、ツォナ、ルンツェ・ゾン、ザユル - などにある。第2線の防衛基地があるのは、シガツェ、ラサ、ナクチュ、ツェタン、ナンカルツェ、ギャムダ、ニンティ、ミーリン、ポボ・タモ、ツァワ・ポムダ、チャムド - などである。また、チベットでの1987年決起以来、四川省を拠点とする第149空挺部隊が「チベット自治区」に常時展開している。

中国は、チベット軍区[成都軍区の下位に位置する省級軍区のひとつ]の本部機構を、成都から、ラサ南西郊にあるゴンカル空港への街道沿いへと移している。その敷地は差しわたし1km以上にも及び、一説によれば「成都軍区(西南軍区)の総司令部の1部がラサに移った」ようにも見えるという。この新本部はまだ建設中だが、43階建てのビルが数棟あり、各階は40室ほどを擁し、15,000人が寝泊まりできる。

アムド最大級の軍事基地は、シリン[西寧(シーニン)]、チャプチャ、カルム(中国名=格爾木(ゴルムド))にあって、それぞれに空軍基地が備わっている。かって荒涼とした荒れ地だったカルムに、今では大きな軍事基地ができている。これらの地域はチベットと東トルキスタン[新疆ウイグル自治区]の両方に睨みの利く要衝にあり、道路、鉄路、空路、によって結ばれている。

カムとアパ地方で解放軍が増強されているのは、カム側がリタン、カンゼ、タウ、ダルツェド[康定]など、そしてアパ側がバルカムである。これ以外にも、レーダー基地や閉鎖中の滑走路がカムの要地に置かれている。


チベット亡命政権情報国際関係省1992年発行
「チベット環境と開発をめぐって」より

前のページへ

次のページへ


チベットについて

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス