ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 

チベット仏教の特色

次に歴史的な背景をふまえた上で、チベット仏教の特色を明らかにするため、日本の仏教と比較してみることにする。もちろん、両方とも釈尊の教えに基づく真正な仏教であることに変わりなく、その根本も同じであり、それぞれの道を究めた名僧たちの境地に何の隔たりもないはずである。
けれども、一般的なレベルから見るならば、思想哲学、実践修行の面において、チベット仏教は日本の仏教とは異なるいくつかの特徴がある。それを以下にまとめてみる。

弥勒菩薩

弥勒菩薩

  1. チベット仏教は、インド仏教の流れを直接受け継いでいる。サンスクリットの原典を正確に翻訳し、思想哲学や実践修行の面でも、インド仏教の伝統を忠実に踏襲している。
  2. チベット仏教には、中国や日本へ伝わっていない教えが数多く存在する。なかでも、最高の思想哲学であるプラサーンギカ派、最奥義の実践修行アヌッタラヨーガタントラの両者はチベット仏教最大の特色である。
  3. 仏教には、たとえば小乗、大乗、密教といった具合に、一見相互に矛盾するそれらを全て整合性のある数理体系にまとめあげ、実践の指針を提示している。
  4. 釈尊は弟子たちに、自ら良く考えて教えの中味を吟味し、その後ではじめて教えを信奉するように説いている。チベット仏教では、釈尊のこうした戒めを肝に銘じ、盲信や実践至上主義を排し、明快な論理による志向を重視している。

これらの特色を考えれば、チベット仏教の本質は、決してチベット人固有のものではなく、広く普遍性を持っているということが理解できる。チベット仏教の教えは、人類の全てに開かれている。世界の各地で、この素晴らしい教えに関心を寄せる人々が、自らそれを学んで実践して行くことにより、チベット仏教は人種や民族や文化の枠を越え、人間のこころを向上させるという本来の使命を果たすのである。


チベットについて

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス